尾張津島天王祭

尾張津島天王祭

「尾張津島天王祭の車楽舟行事」ユネスコ無形文化遺産

開催場所・日時

尾張天王祭は中止になりました

日時 :

宵祭 令和2年7月25日(土) 18:00~
朝祭 令和2年7月26日(日)  9:10~

場所 : 津島神社、天王川公園

尾張津島天王祭(7月第4土曜日曜日 津島神社・天王川公園)

灯りと水の時代絵巻。幻想的な尾張津島天王祭は「日本三大川まつり」のひとつです。
津島が誇る祭りの代表がこの『尾張津島天王祭』です。600有余年の歴史を持ち、まさに時代絵巻きと言うにふさわしい『荘厳・華麗』な川祭り。祭りは数ヶ月に渡って、様々な行事、儀式、神事が行われる

天王祭の歴史

尾張津島天王祭の車楽舟行事(昭和55年1月に国の無形民俗文化財に指定)

宵祭は、二隻の舟をつなぎその中心に真柱を立て、そこに一年の月数十二個の提灯をつけ、半円形に一年の日数三百六十五個の提灯をつけます。

まつりの予定と駐車場

宵祭の準備

本年度のリーフレットはしばらくお待ちください。

令和元年度尾張津島天王祭 リーフレット(PDF 2MB)

まつり当日は混雑が予想されますので、公共交通機関のご利用をお願いします。


桟敷席・観覧席(パイプ椅子席)販売

桟敷席

桟敷席・観覧席・舟など全て完売しました。

※さじき席・舟等は令和元年5月31日(金) ~ 販売開始

詳しくはこちらをご覧ください

<ご予約>
一般社団法人 津島市観光協会 TEL:0567-28-8051


お問合せ

愛知県津島市生活産業部産業振興課 

 TEL:0567-24-1111

一般社団法人 津島市観光協会

 TEL:0567-28-8051

 

宵祭

尾張津島天王祭 朝祭

朝祭は津島の五隻に、佐屋町市江地区の「市江車」が先頭に加わる。

朝祭

 市江車には十人の若者が締め込み姿で布鉾を持ち、途中から天王川に飛び込み泳ぎ、津島神社に通じる岸まで渡る。その後、神社まで走って神前に布鉾を奉納する。

 朝祭の舟(車楽舟)の最高部には、能装束を模してつくられた衣装をまとった人形が乗るが、津島の五隻中、先頭を行く当番車には必ず「高砂」が乗る。その他の四隻は毎年能番組が変わります。

朝祭

 

 

≪前の記事 次の記事≫