尾張津島藤まつり

尾張津島藤まつり

開催日時・場所

日時 : 2020年4月24日(金)~5月5日(火・祝)

会場 : 天王川公園

開花状況はこちら ↓

ツイッターで開花状況を配信中 Follow Me

天王川公園西側堤防道路の通行車両台数制限のお知らせ

藤まつり期間中、天王川公園西側堤防道路の通行台数を制限した交通運用を行います。ご不便をおかけしますが、係員の指示に従いご協力をお願い致します。

 期間 : 4月24日(金)~5月5日(火・祝) 8時30分~17時

※天王川公園の西側堤防道路は道幅も狭く、すれ違いの時に脱輪等の危険もございます。例年公園内臨時駐車場への進入路のため大渋滞をしており、地域住民の皆様に大変ご不便をおかけしております。その為、安全に配慮し堤防上の通行台数を制限させていただきます。

大型バス・マイクロバス臨時駐車場

バスは津島神社南鳥居からお入りください。お客様は津島神社で乗降していただきます。

大型バス臨時駐車場へ回送していただき、時間になったら津島神社に迎えに来ていただきます。

駐車場の予約は出来ません。

津島神社から藤棚まで徒歩10~15分程度(会場まで旗が立っています)

駐車料金 3,000円(1日1台1回)

※藤まつり期間外は大型バス臨時駐車場はございません。

トイレ

  • 尾張津島観光センター(津島神社南鳥居)
  • 天王川公園内

藤まつりリーフレット

クリックで拡大表示されます

藤まつりパンフ表面藤まつりパンフ中面藤まつりパンフ裏面

アクセス & 駐車場

※渋滞が予想されます。公共交通機関をご利用ください。

津島駅から徒歩15分程度(1km)です。

鉄道

  • 名鉄線 「名鉄名古屋」駅より約24分 「津島」駅下車
  • JR・近鉄線 「弥富」駅乗り換え名鉄尾西線で約11分 「津島」駅下車

自動車

  • 東名阪高速道路 弥富IC より 国道155線で北へ約15分
  • 東海北陸自動車道 尾西IC より 国道155線で南へ約35分

臨時駐車場

 

※上記地図は変更の予定があります。

P1 西小学校臨時駐車場

4月25日(土)~26日(日)、4月29日(水・祝)、5月2日(土)~5月5日(火・祝)
9:00~17:00 (閉鎖時間18:00)
駐車場整理協力金 / 500円(1日1台1回)

P2、P3、P4 公園・臨時駐車場

4月24日(金)~5月5日(火・祝)
8:30~17:00 (17:00以降も駐車可)
駐車場整理協力金 / 1,000円(1日1台1回)

P6 南小学校臨時駐車場

4月29日(水・祝)、5月2日(土)~5月5日(火・祝)
9:00~17:00 (閉鎖時間18:00)
駐車場整理協力金 / 500円(1日1台1回)

P7 保健福祉センター臨時駐車場

4月25日(土)~26日(日)、4月29日(水・祝)、5月2日(土)~5月5日(火・祝)
9:00~17:00 (閉鎖時間18:00)
駐車場整理協力金 / 500円(1日1台1回)

尾張津島の藤

頭上に広がる紫のカーテン。 ほのかに香る美しい藤は、津島の春の象徴です。

かつて津島市は「藤浪の里」といわれたほどの藤の名所。そして今に伝えるのが、毎年4月下旬から5月上旬にかけて行われる「尾張津島藤まつり」です。 会場となる天王川公園には、長さ275m、面積約5,034㎡の見事な藤棚があり、まつり期間中、夜間はライトアップされています。

天王川公園の藤棚

甘い香りに包まれて、風にそよぐ壮麗な藤を、夜は幻想的な美しさを醸し出す藤を心ゆくまで味わえます。さらに、藤棚の下を流れる疎水の水面に映える美しい藤の花の眺めは、ひと味違う趣があります。
会場では家族で楽しめるイベントが、また、街並散策では津島の歴史の古さを物語る町家等で各種イベントが催され、たくさんの観光客や家族づれでにぎわいます。

期間中イベント

野外ステージでは太鼓やダンスなどの各種イベントが開催されております。

天王川公園の野外ステージ

ステージイベント

2020年度 企画中

芝生広場イベントなど

2020年度 企画中


コンサート・落語会やフリマも随時開催しております。
市内各所の”信長の台所津島 まちあそび”イベント

信長の台所津島 まちあそび

津島神社宝物 特別展

2020年度 企画中

 


お問合せ

一般社団法人津島市観光協会 0567-28-8051

お問合せ時間 9時~17時

(期間中は臨時ダイヤルにて受け承ります)

日本の藤

藤

天王川公園には、ほとんどの種類が植えられており、さまざまな藤がお楽しみいただけます。

フジには、日本に2種、中国に1種、北米に2種ありますが、なかでも日本産のフジは美しいものです。日本のフジは、日当たりのよい川辺や谷間などの湿地を好んで自生し、根が長く伸びて空気を多く含む構造なので、水中に根を張っても根腐れすることがありません。

日本のフジは、「フジ(ノダフジ)系」と「ヤマフジ系」の2種に大別されます。

「フジ系」のフジのつるは右巻きで、葉には始めの頃に毛がありますが、成葉時には無毛となります。フジ系の花として、【白野田藤】、【八重黒竜】、【九尺藤】、【曙藤】、【匂藤】、【長崎一才藤】などの種類があります。

「ヤマフジ系」のヤマフジのつるは左巻きで、葉の裏に軟毛があります。ヤマフジ系の花として【紫加比丹藤】、【白加比丹藤】などの種類があります。

藤の種類

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

≪前の記事 次の記事≫